2009年11月27日

ワンランク上の家を建てるコツ

家を建てるとき
■ 家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。
■ ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。
■ 大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。

ちょっと待ってください!

多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、家づくりをする人にとってわかりやすいものではありません。

「○○工法だからいい家だ」「大手ハウスメーカーは安心で小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧下さい。

私たちは「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなるところまで、強いこだわりを持って家づくりに励んでいるのです。

なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?

家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費
家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。

私たちはお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。

また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。これは、東証一部上場の株式会社ナックさんの協力を得て、全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。

一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法なのです。

また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、当社の社長の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。

まずは、他社の家を見てから来てください!

お客様の建てたい家お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?

家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

家づくりは家さえ建てばよいということではありません。

ワンランク上の家を建るだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。

多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。

その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

完成見学会

こだわりの和室と大きな中庭のある二世帯住宅

山本建築実績T様邸

【こだわりのポイント】
T様のこだわりは、自然素材を使い「和」と「洋」をはっきりと分けて空間を表現してほしいとのことでした。
また、設備としては、中庭や吹き抜けのあるリビング・大きな浴室などをご要望されました。

 
【プランニングポイント】
玄関を境に「和の空間」と「洋の空間」を分け、平屋部分に総檜の本格和室を配置。
和室の天井は丸太の梁組を見出しにし、襖を開けると中庭が見えるようにしました。ちなみにこの中庭は玄関からもトイレや浴室や2階からも眺めることができるようにしました。
洋の空間には、天井が全て吹き抜けの大解放リビングを設け、壁・天井は部屋ごとに塗り方を変えた珪藻土の左官仕上げ、床は無垢のフローリングで仕上げました。
玄関までは高さがあるので、ポーチ部分にスロープを設けて階段の障害を無くし、足の不自由な方でも安心して上がれるようにしました。

CIMG2021.JPGCIMG1805.JPG


CIMG1856.JPG
CIMG1730.JPG
CIMG1765.JPG
CIMG2223.JPG


冬でも暖かい暖房費のかからない「ひだまりの家」

山本建築実績Y様邸

【Y様邸でのこだわりのポイント】
奥様から、冷え症なので冬の暖房対策を重視してほしいこと、できるだけ収納がほしいこと、また、ご主人様からは趣味を楽しむ部屋がほしいいこと、車椅子のお客様が来ても移動しやすい家にして欲しいとのご要望でした。
一日中日の当たる暖かい家にするために、部屋の配置の工夫や主暖房に遠赤外線床暖房の採用。また、要所に手すりをつけ、段差をなくし、廊下の幅も広く取るようなご提案をさせていただきました。

【プランニングでのポイント】
敷地形状の特性、車での道路からの侵入経路を考え、建物や駐車スペースの配置をしました。
限界まで間取りの無駄を無くし、収納スペースをたくさん確保する工夫をしました。
また、車いすがストレスなく移動できるよう、バリアフリーを重視した設計をいたしました。
建坪は大きいほうではありませんが、実際の建坪よりもはるかに広がりを感じるようなプランができました。

【施主様の喜びの声】
Y様のお喜びの声住み始めて、3ヶ月あまりが過ぎましたが、山本建築さんは土地の手続きから住宅ローンの手続き、完成までのあいだ、親身に根気強く相談にのっていただきありがとうございました。

おかげさまで快適に暮らしており、満足しています。

先日、私たちより早く家を新築した友人が遊びに来まして「外観も内観もとっても素敵で、うちと全然違う!早まった!!」と、うらやましがっていました。
うれしいですね。
ほめてもらえると。
住めば住むほどこの家の良さを実感しています。


IMG_1052.JPG
IMG_1090.JPG
IMG_1092.JPG
IMG_1097.JPG

たっぷり収納とひろびろロフトのある家

山本建築実績S様邸

【S様邸でのこだわりのポイント】

S様はご家族4名で、奥様からのご要望は子供の様子が把握しやすいこと、家事の際の移動に無駄のないこと、出来るだけ収納が欲しいこと、そしてご主人様からは、せっかく自分達の家を建てるのだから、長く安心して住める丈夫な家にして欲しいというご要望でした。

構造については建築中の現場を何度も見学していただき、体感して納得いただきました。間取りのプランは限られたスペースの中での配置の組み合わせを何度も試行錯誤しながら、ご夫婦共に納得のいくものが出来あがりました。

【プランニングでのポイント】
S様邸のご主人様は車通勤ということでしたので、2台分のガレージを確保した住宅の設計をいたしました。奥様から対面式のキッチンとリビングを広めにとのご希望があったので、日当たりと動線を意識した間取りと、奥様の身長にあわせたキッチンを採用しました。また、防犯性を高めるためにサッシには防犯ガラスを使いました。

【施主様の喜びの声】
S様のお喜びの声私たちははじめ、ハウスメーカーの住宅展示場に足を運び、見積もりを取りました。私たちが家にかける予算ギリギリのプランで、営業さんと打ち合わせが進み契約寸前の段階で、山本建築さんの住宅相談会を知って参加し、そこで聞いた家づくりと資金計画に納得することが多く、今度は完成見学会に足を運びました。正直、「ワンランク上の家」を建てるというキャッチフレーズが信じられなくて、半信半疑で見学会に参加しました。

しかし、「え~~、何でこんな凄い家がこの金額で建てられるの?」と、正直ビックリしました。

それまで、ハウスメーカー数社から見積もりを取っていましたが、山本建築さんはそれよりも凄い家を、(後でわかったのですが)適正価格で建ててくれるのです。高級外車1台分は違うのです。

結局、私たちはハウスメーカーで建てるのをやめて、山本建築さんにお願いしましたが、家が近いこともありますが、なにかあれば本当にすぐ来てくれて安心です。

地元の工務店である山本建築さんにお願いして本当によかったし、ハッキリ言って満足しています。

CIMG0530.JPG
CIMG0548.JPG
CIMG0509.JPG
CIMG0487.JPG

もっとロフトの施工例を見てみる ⇒⇒⇒ ロフト施工例



 ↓↓ 見学会のお申し込みは、こちらから! ↓↓
完成見学会

  1. ホーム
  2. 2009年11月24日«2009年11月27日»2009年11月30日